貧血の症状チェック 原因は? 病院は何科に行けばいい?

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

座り込んでいるところから急に立ち上がった時にクラッと立ちくらみになったり、めまいがしたり、目の前が急にチカチカしたり、動悸がしたり...これって貧血かな? って症状に悩んでいませんか? たかが貧血と思っていても、重症化すると大変な事になります。 まずは、貧血の症状チェックしてみましょう。 貧血の原因や病院で受診する科についてまとめています。

スポンサーリンク

貧血の症状チェック

以下が、貧血になっている時にあらわれる主な症状です。 いくつか当てはまるようなら要注意です!!

  • 顔色が悪い、青白い顔をしている
  • 疲れやだるさを感じる
  • 目の下のまぶたの裏側をめくると白っぽい
  • 爪が白かったり、反り返っていたり、二枚爪になっていたりする
  • 階段の昇り降りや運動で動悸やめまいがする
  • 口内炎ができやすい
  • 手足に虫唾( むしず )がはしるようなゾワゾワした感覚がある

この他にも、1年を通して寒い季節にでも、むしょうに氷をバリバリと食べたくなったり、鉄分不足から、脳に変化が起こり、土や土壁など変わったものを食べたくなったりという症状も稀に見られたりします。 ここまで来ると、ちょっと普通の状態じゃないかも...と自分自身も不安になってしまいますよね。

貧血の症状 原因は?

貧血の主な原因は、血液内の赤血球中に多く含まれている ヘモグロビン という血色素が減少している状態。 ヘモグロビン は血液中の酸素を運ぶ役割があり、ヘモグロビン が減少する事で、酸素が運ばれる量が減り、体が酸素不足に陥っている状態。

また、女性の場合は月経や出産などで出血が多かったり、妊娠中などは胎児にへその緒を通じて、血液や酸素、栄養などを送り込んであげなければいけないので、男性以上に貧血になりやすかったりします。

無理なダイエットや偏った食生活によって、栄養バランスが崩れることが原因で貧血になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

貧血の症状 病院は何科?

貧血チェックで当てはまる項目がいくつかあるという方は、ひどい自覚症状が無いとしても、できるだけ早めに病院へ受診するようにしましょう。 まずは、総合病院の内科への受診をおすすめします。 内科で診察されて必要であれば、先生の判断で他の科を紹介してもらえます。 もしあなたが妊婦さんでしたら、産婦人科の受診でいいですよ。

ひとことに 『 貧血 』 と言っても、鉄欠乏性貧血 や 続発性貧血、溶血性貧血 など、貧血にもいろいろな種類があります。 貧血だから、鉄分を多めに摂っておこう~と、自己判断で解決してしまわないようにしましょう。軽い貧血ならば、薬を処方してもらって治る場合もありますが、貧血が重症化すると毎日通院して静脈注射を打たなくてはならなくなったり、入院が必要な場合もあります。

まとめ

私自身も、2年前の市の健康診断 ( 血液検査 ) で、ヘモグロビンの数値が低いとして【 要検査 】 で引っかかりました。 軽い貧血との事で、しばらく薬を飲むだけで済みましたが、このヘモグロビンの数値が低すぎると、起き上がるのさえ困難な状態になってしまったりと、日常生活にも支障をきたす恐れもあります。 早期発見、早期治療で健康な体を維持していきましょうね。