耳が痛い 外側がズキズキする原因は? 何科に行けばいい?

耳の外側、いわゆる 耳介( じかい )耳殻( じかく ) と言われる軟骨の部分が、いきなりズキズキと痛くなってしまった場合、原因が分からず、何か病気の前触れじゃないか? と思うとすごく不安になってしまいますよね。 こちらの記事では、耳の外側のズキズキした痛みの原因と、病院に行くなら何科がいいか解説しています。

スポンサーリンク

耳が痛い 外側がいきなりズキズキしたら?

日常生活に支障をきたす程の痛みではないものの、突然ズッキーンッと電気が走るような痛みがあったり、耳の外側の耳介( じかい )の部分に触れるとズキズキした痛みが出てくる場合、何か思い当たる事がなければ特にですが、ちょっと不安な気持ちになりますね。

私自身も、以前、いつものように朝の支度をしていたら、いきなり右耳の外側が一瞬ズキンッと痛くなった事があり、慌てて鏡で確認してみたものの、特におかしな様子はなく、ほんのり赤いかな? というくらい(汗) 

その日を境に、耳の外側のズキズキが頻繁に起こるようになり、少し腫れも見られるように...手で触れると、ズキズキとした痛みを強く感じるし、痛みが派生して首の付け根や頭まで鈍痛を感じるようになってしまいました。

耳が痛い原因として考えられる事は?

病院に行く前に、まずは痛みの原因として考えられる事を自分なりに調べてみたところ、耳の外側、耳介( じかい ) の痛みの原因はいくつかありました。

耳介軟骨膜炎( じかいなんこつまくえん )

虫さされや外傷、ピアスなど外的刺激によって耳介の軟骨部分に炎症がおき、腫れや痛みが生じる。

耳性帯状疱疹( じせいたいじょうほうしん )

別名 : ラムゼイ・ハント症候群 とも呼ばれる。 過去に、水疱瘡( みずぼうそう )にかかっていると、神経節に水痘・帯状疱疹ウイルスが潜伏。 免疫低下や疲労時にウイルスが悪さをはじめる事で、初期症状として耳の外側部分に痛みが現れる。

耳介血腫( じかいけっしゅ )

耳介の軟骨部分や薄い皮膚の下の部分に、摩擦や圧迫などの外的刺激が加わり、血液が溜まり痛みが伴う。

神経痛( しんけいつう )

肉体的、または精神的なストレスが常習的に加わる事により、ビリビリッとした痛みが頻繁に起こるようになる。



耳が痛い場合 何科に行けばいい?

自分で調べてはみたものの、結局、原因が突き止められる訳ではなく、不安な気持ちが増長されただけでした^^; やっぱり、病院に行ってお医者さんに診断してもらうに越した事はありませんね。

耳の外側の痛みで考えられるものをザッとみてみても、外的刺激だけでなくウィルス性のものやストレスなどの精神的な部分など多岐に渡る事がわかったので、いろんな病気に対応出来る 総合病院の耳鼻咽喉科 へ行くのがおすすめです。 原因が思っていたものと違う部分にあっても、他の病院を転々とする事無く、同じ病院内で適切な診療科へ移してもらえますしね^^

病院で診察して頂いたところ、私の耳の痛みの原因にくだされた診断は『 耳介軟骨膜炎 』でした。 幸い症状は軽く、抗生剤や痛み止めなどを処方して頂いて、2週間程でほぼ完治しましたが、放置して症状が重くなると、耳介が腫れ上がり変形したり、全身が発熱し激しい痛みにおそわれる事もあるそうです。

風邪かな?って症状が出た時、耳の下が腫れて痛みが出てくると、ちょっと不安ですよね。 風邪の時は主にリンパ腺が腫れるのですが、放ってお...

まとめ

たまにズキンッと痛むだけだし...と思って放置しておいて、症状がどんどん悪化してしまっては大変です。 また、この記事にあげている以外に原因がある場合もあります。 今、これを読んで同じような症状に悩まされている方は、できれば早めに病院に行くようにして下さいね! 早期診断で、回復も早くなりますよ^^