頬のたるみが気になる40代、原因は?解消法はあるの?

40代の肌の悩みと言えば、シミ・しわ・乾燥・たるみ・くすみなど多岐に渡ります。 特に、40代女性にとってシミ・たるみは常に悩みの上位に入っています。 ただ、シミはメイクでなんとか隠せても、たるみはメイクでは隠しようもありませんよね。 たるみの根本原因を知って、解消法を探っていきましょう。

頬のたるみが気になる40代

20代・30代の頃の肌の悩みの上位と言えば、毛穴の黒ずみや詰まり、シミやくすみ、肌のざらつきなどがメインですが、40代以降になってくると、ここにシワやたるみなどが登場しはじめてきてしまいます。

冒頭にも書きましたが、シミやくすみなんかはメイクでなんとかごまかせるものの、頬のたるみはひどくなるとまるでブルドッグのような感じになって、メイクでもごまかす事が出来ず、見た目年齢を一気に老けさせてしまいますよね。

頬のたるみの原因は?

さて、この頬のたるみの原因にはいったいどういった事が考えられるのでしょうか?

加齢によるもの

40年以上生きてきて、何もせずに20代の肌をキープし続けている人がいたら逆に怖いくらいですが、やっぱり誰しも年齢には逆らう事が出来ません。 肌のハリや弾力を維持してくれるコラーゲンやヒアルロン酸の生成も年齢とともにどんどん低下していき、やがて頬を支えきれず、下へ下へとたるませていってしまいます。

顔の筋力の低下

いわゆる表情筋というものです。 特に最近はスマホやパソコンなどの急速な普及によって、無表情で画面を見続けるという人も多く、20代後半や30代前半という若い人であっても顔の筋力が衰え、肌のたるみに悩む人がいるくらいです。 40代という加齢に加え、長時間の無表情状態がさらにたるみを加速させる原因にもなっていってしまいます。

紫外線によるもの

紫外線が絶対的な悪者という訳ではないのですが、日焼け対策をせずに紫外線を浴び続けてしまうと、その紫外線を浴びた時に発生する活性酸素によって、肌の弾力を保つために必要不可欠なコラーゲンやエラスチンなどを、どんどん破壊していってしまい、結果的に肌のたるみに繋がっていってしまいます。

乾燥によるもの

肌内部の水分量を保つためにはセラミドなどが豊富に維持されている事が大切ですが、乾燥肌の人の場合、セラミドなどの保湿成分も少なく肌が枯渇して潤いもなく乾燥しています。 乾燥肌に陥ると、肌はハリや弾力を失い、たるんでしまう原因になります。

顔のむくみによるもの

朝起きると顔がパンパンだったり、夕方になると顔がむくんできてしまうって方がいますが、これは代謝が落ちてきている証拠。 代謝が落ちると肌内部に老廃物も溜まりやすく、やがて脂肪もつきやすくなってしまいます。 老廃物や脂肪などの重みによって肌がたるんでいってしまう事もあります。


頬のたるみの解消法

年齢に合ったスキンケア

加齢は避けられませんが、若い頃から変わらず同じようなスキンケアをしている方がおられます。 CMなんかでも年齢肌化粧品と銘打って、さまざまな商品が登場していますが、40代という年齢にあった化粧水や乳液、美容液などを選んで使っていく事も大切です。

表情筋を鍛える

毎日の生活の中で無表情でいる時間が長いなって感じる方は特に意識して表情筋を鍛えるようにしていきましょう。 口を大きく開けて「 あ・い・う・え・お 」 顔の筋肉を大きく動かすようにしたり、舌を大きく上下左右に動かしたり、料理中や運転中、入浴中など「 ◯◯しながら 」意識的に実践していくようにして下さい。 日頃から笑顔でいることを心がけていくだけでも違ってきますよ。

紫外線・乾燥対策

先程の章でも書いた通り、紫外線は肌のたるみにも繋がってきます。 紫外線が強力に降り注ぐ夏場だけでなく、1年中日焼け止めなどでUVケアをしていくようにしましょう。 また季節の変わり目などは特に肌が乾燥しやすいです。 肌の乾燥が気になる人は特に保湿を意識したスキンケアをしていくようにして下さい。

リンパマッサージ

顔のむくみやすい人は、肌のたるみにも直結しやすいので、顔をクリームなどで滑りを良くして内側から外側に向けてリンパを流していくようにしましょう。 リンパを流し老廃物を取り除いていく事で、顔のむくみが軽減したるみを改善していく効果も期待できます。

まとめ

いかがでしたか? 頬のたるみはさまざまな要因によって引き起こされます。 肌の保湿や表情筋を鍛えることを意識していくだけでも、かなり変化は出てきますよ。 もう年だから...なんて諦めずに、出来ることはどんどん取り入れていってみて下さい。 専門のクリニックなどで相談してみるのも1つの方法です。

スポンサーリンク