靴を履くと外反母趾が痛い その原因と靴下五本指の効果♪

asi001

さまざまな要因で引き起こされる 外反母趾( がいはんぼし ) 特に、幅の狭い靴などをよく履く方などに多く見られ、足の骨格の変形と痛みに悩む女性は多いです。 外反母趾の原因や対処法、5本指ソックスの効果などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

靴を履くと外反母趾が痛い...

うちの母と姉も外反母趾に悩んでいるのですが、2人に共通して言えるのは、もともと足の形状の特徴が似ている事。 足の親指が1番長くて小指までなだらかに短くなっています。 日本人にもっとも多い形状ですが、外反母趾になりやすい形状だとも言われています。

私や妹は、父親譲りの足の形状で、人差し指が1番長く足幅も母や姉に比べると狭いせいか、外反母趾ではありません。 外反母趾は遺伝するものではないようだけど、こんな風に遺伝的に足の形状が似ていて、外反母趾になりやすいという事もあるようです。

女性の靴、特にハイヒールやパンプスなんかは、靴先の中央に向けて細くなっているものが多く、仕事などで足に合わないものを無理やり履いていたりすると、足指の横アーチが崩れてきて変形し、外反母趾になってしまうというケースも多いですね。

最近は、外反母趾などの足のお悩みを予防したり痛みを軽減したりするコンフォートシューズでも、おしゃれでスタイリッシュなものも出てきています。 足が痛いのを我慢し続けていると外反母趾の悪化にも繋がるので、自分に合った靴選びも大切になってきますね♪

外反母趾用の靴を楽天市場で探す

外反母趾用の靴をAmazonで探す

外反母趾が痛い 原因は?

外反母趾 は、うちの母や姉のようにもともとの足の形状が原因という場合も多いですが、その他にもいろいろな要因で発症してしまう事があります。

  • 生まれつきの足の形状
  • 足に合わない靴を履いている
  • クセのある歩き方をしている
  • 怪我や病気などによるもの
  • 足の筋力の低下


私自身、小さい頃から超が付くくらいの自然児で、山や畑を駆けまわったり、裸足で木登りしたりしている女の子だったのですが、幼少期にあまり外で遊ばず、カチッとした靴を履かせていたり、靴下を常に履かせたりしていると、足裏の筋力も低下してしまい、将来的に外反母趾になりやすいという事もあるので、私のように...とはいかないまでも、あまり過保護にせず、しっかり足の裏を使わせるようにしてあげる事も大切です。

外反母趾予防靴下 五本指ソックスが効果的!?

靴下や靴などで、5本の指がキュッと固定されて動かない事も外反母趾悪化の要因になってしまうので、足指を自由に動かして開放できる5本指ソックスは、足指をしっかり動かせることで、足指だけでなく、膝から下の部分の筋肉を鍛える事にも繋がるため、外反母趾の予防にも効果が期待できると言われています。

ただ、外反母趾の治療にはならないので、外反母趾にならないための予防として履くことをおすすめします。 また、幅の広い靴を履けば外反母趾の痛みの軽減に繋がると思われやすいですが、重要なのは横幅よりも、足先部分が広めで指を動かしやすい事!! 甲の部分がスカスカだと逆に歩くたびに靴がズレて指が靴の先に押し込められてしまい、外反母趾が悪化してしまいます。

まとめ

少し足が痛いなって思っても、症状が軽いうちはあまり深刻に考えず放置してしまいがちですが、症状が軽いうちにしっかり対処しておかないと、骨が変形してしまってからでは治療も大変になってくるし、慢性的に痛みを伴う事になってしまいます。 靴を変えてみる、 5本指靴下を履いてみる、 歩き方に気を付ける など、普段の生活でも気を付けるようにして、外反母趾予防に務めるようにしていきましょう。