逆流性食道炎の原因はストレス症状? 病院は何科に行けばいい?

gyakuryusei

逆流性食道炎( ぎゃくりゅうせいしょくどうえん ) って病気、最近ちょこちょこ耳にしませんか? 薬のCMなんかもたまに流れていますね。 胸焼けのような苦しい症状が続く事が多いと言われていますが、主な原因や症状はどのようなものなのでしょう? また、病院に行く場合は、何科に行くべきなのかなど、まとめてみました。

スポンサーリンク

逆流性食道炎の原因はストレス?

逆流性食道炎 とは、読んで字のごとく、胃から逆流してきた胃液が食道にまで達し、炎症などを起こす病気の事です。 これ、私自身も妊婦の時に経験した事があるのですが、最初はつわりの症状かな?って思っていたのが、お腹が大きくなるごとにひどくなり、病院で逆流性食道炎だって診断を受けました。 ムカムカする感じがずっと続くし、食べるのも辛いし...妊娠で腹部が圧迫されてしまう事で、妊婦さんがかかりやすい病気の1つだとも言われています。

また、逆流性食道炎 は過度なストレスによって引き起こされる事も少なくありません。 ストレスによって胃液が逆流してくるのではありませんが、大きなストレスを抱える事で、さまざまな体調の変化が起こると共に、免疫低下も引き起こし、胃液への過敏な反応が出てしまう事も要因の1つです。

その他にも、食生活の乱れ や 過度の 飲酒 や 喫煙 なども逆流性食道炎を引き起こす原因の1つだと言われています。 また、老化による 食道 や 胃 などの機能の低下から、お年寄りがかかりやすい病気でもあります。



逆流性食道炎の症状ってどんなもの?

一番分かりやすい症状は胸焼けです。 つわりの症状にもよく似ていて、胸のあたりに違和感や嫌悪感を感じます。 胃液が逆流してくる事で、苦いような酸っぱいような液体がこみ上げてくる事もあります。 病気ではなくても、たまにゲップをして似たような感覚になる事がありますよね? あれが、頻繁に起こるような感じです。

胃液が食道に達して炎症を起こす事で、食べたものが飲み込みにくくなったり、また、喉の痛みや違和感、声も出にくくなったり、咳が止まらなくなったり...などという症状が見られる場合もあります。 胸の痛みや喉の痛み、胃液が逆流してくるような感覚がある場合は、逆流性食道炎を疑った方がいいでしょう。

逆流性食道炎 病院は何科に行けばいい?

逆流性食道炎かな? と思ったら、内科 や 消化器科 の入った総合病院 へ行くといいでしょう。 自分では、判断が付きにくい場合、窓口で簡単に症状を話せば、適切な診療科へ案内してもらえます。

妊婦さんの場合は、まずは産婦人科で相談される事をおすすめします。 私自身も、妊婦の時には産婦人科で診てもらいました。 妊娠中とあって、極力、薬は飲みたくなかったので、薬は処方してもらわず、食べ物 や 寝る姿勢 なんかに気を付けるようにしていましたが、少しづつ症状は改善し、いつの間にか治っていました。

まとめ

逆流性食道炎 自体は、それ程、大変な病気ではありませんが、この症状、喉頭がん の症状にもよく似ているんです。 声のかすれ、喉の痛みや違和感など...ほうっておくと命に関わる事もあるので、逆流性食道炎だろうと自己判断で終わらせず、必ず、病院で診察してもらうようにして下さいね。