ダイエットしてもお腹の脂肪は落ちにくい?お腹に効く運動はある?

女性も男性もダイエットで落としたいNo1はやっぱりお腹のぷよぷよですよね。コレがあるおかげで夏はピチッとした服が着れないし、水着になるのも辛いですよね。でも筋トレしても簡単に脂肪は落ちてくれません>< それで一時期は頑張るけどしばらくして結果が出ないので諦めるなんてことはないですか? それ・・・実はダイエットのやり方が悪いだけかもしれません。 正しい方法ですれば結果も全然違ってきますよ~

スポンサーリンク

ダイエットしても簡単に脂肪が落ちないのはなぜ?

 

お腹のダイエットといえば、どんなことをしたことがありますか?多くの人は腹筋運動をしたことがあると思います。実はあの頭を上まで上げる腹筋運動だけではお腹は細くなりません!なぜかと言うと

・頭を持ち上げる腹筋運動は腹筋には少ししか効いていない
・腹筋運動だけ痩せることはない
・腰や首に負担が掛かるので辛くなる
・筋肉が付くと細くならず太くなる場合がある

他にもありますが、これだけの問題があります。簡単に一つずつ説明しますね。

頭を持ち上げる腹筋運動は腹筋には少ししか効いていない

頭を上まで持ち上げる腹筋運動は腹筋には少ししか効果がないので、腹筋運動としては失格です。

腹筋運動だけ痩せることはない

実は脂肪は腹筋だけ減ることはないんです。脂肪は全身から脱皮するように1枚ずつはがしていくように減っていきます。筋トレなどをするのはその部分に脂肪を付けないためです。詳しくは後ほど

腰や首に過度に負担が掛かる

腹筋がまだない人は勢いを付けて腹筋運動するので、腹筋に効く前に腰や首が痛くなって効果が出る前に止めてしまうと思います。

筋肉が付くと細くならず太くなる場合がある

これほんとなんですよ!筋肉って使えば使うほど太く強くなるのですが・・・腹筋が太くなって脂肪が減ってない場合どうなると思います・・・? 答えは前より太くなるが正解です。ほんとに怖いです。

だから普通に学校で習ったような腹筋運動をしてるだけじゃ、ぷよぷよ、ポッコリお腹は消えてくれません。ではどうすればお腹のポッコリはなくなるのでしょう? ここからは脂肪の落ちる訳とお腹を細くする運動についてご紹介しますね^^


お腹の脂肪は落ちにくい?

体のほかの部分に比べてお腹がポッコリしてホント嫌!って人は多いですよね。どうしてお腹に脂肪が付くのか?減りにくいのか?気になりますよね。簡単に説明しますね。

・脂肪は使わない部分に付いていく
・内臓脂肪が増えるとお腹がポッコリする
・まず内臓脂肪からあ減る
・皮下脂肪が減るときは全身満遍なく減っていく
・運動だけでは脂肪はなくならない

脂肪は使わない部分に付いていく

脂肪は使わない身体の部分に付くようになってます。なので普通の人なら、お腹、二の腕、内もも、お尻を使う機会が少ないのでこの部分に付いていきます。なので腹筋運動の意味は筋肉を付けて代謝を上げる意味もあるけど、脂肪を付け難くする効果もあります。

内臓脂肪が増えるとお腹がポッコリする

脂肪は大きく分けて2つ。皮下脂肪と内臓脂肪です。皮下脂肪は文字通り皮膚の下にある脂肪で時間をかけて付いていきます。内臓脂肪は腸の周囲に付いた脂肪で付き始めるとお腹が
少しずつでてきます。

まず内臓脂肪から減る

食事や運動などの効果で脂肪が減る場合には必ず内臓脂肪から減っていきます。なのでポッコリお腹が食事制限などの後、しばらくするとにお腹がすこし引っ込むのは内臓脂肪が減っている証拠です。

皮下脂肪が減るときは全身満遍なく減っていく

お腹の運動をするとお腹だけが痩せたりすると思っている人が多いですが、実は皮下脂肪が減る場合には全身満遍なく減っていくので、たっぷり脂肪が付いている場合はその分だけ無くなるまでに時間が掛かります。

運動だけでは脂肪はなくならない

いくらお腹の運動をしても、それ以上に色々食べたり飲んだりしていると脂肪は逆に付くかもしれません。なので運動と食事の見直しをしてしっかり脂肪が減る準備をしましょう!

筋肉が付くと代謝が上がるので今と同じものを食べても太りにくくなります。なので筋トレは細くするというより脂肪を付けないことと代謝を上げるのが目的となります。

お腹に効く運動と食事の見直し

お腹に効く運動は沢山ありますがその中でとっても効くのがスクワットです。ふとももの内側にも効くので代謝が上がって痩せるのが早くなりますよ。

こちらのスクワットは色んな種類のものをしているので、初めは自分でやりやすいものを1分間ゆっくりでも良いのでしてみてください。運動をあまりしていない人はほんとに辛いと思うので無理をせず自分のペースでしてみてくださいね^^

食事を見直す事も大切

 
運動したからお腹が減ったのでいっぱい食べよう!ではお腹のぷにぷには絶対になくならないので注意です! まず、できるだけ甘いものやジュースを控えてみてください。実はコレだけでかなり効果があります。

野菜ジュースなんかもジュースなので気をつけて下さいね!甘いものは全て糖分が入ってるのでできるだけ少なくしてみましょう。 糖分をいつもより少なくして運動するようにしてください。初めは少しずつでもいいので続けることが肝心です。

まとめ

 
最後に少しだけお話した糖分が実はダイエット成功の鍵を握っています。糖分をコントロールできるとダイエットの成功率がぐっと上がるので、今後の記事で紹介していきますね。ダイエットは運動だけでも、食事だけでもうまくいきません。運動、食事、生活習慣を良くすれば健康的にダイエットすることができます。急がずじっくり身体を健康にしていきましょう。