夏痩せる為には飲み物に注意!ダイエットに市販のジュースがダメな理由

もう少しすると夏がきます。 スタイルに自信のある人が羨ましいなぁ...なんて思う私です^^; 今回は夏までに頑張って痩せるために、気を付けてほしい「 飲み物 」 の事、お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

夏までに痩せるためにまず飲み物を変えよう!

皆さんは日ごろどんな飲み物を飲んでいますか?暖かくなると水分をよく摂るようになりますよね。実はこの飲み物がダイエットにはすっごく重要なんです。

あまーいジュースは太りやすい

甘いジュースは太りやすいというのはどなたでも知っていると思います。でもどうして太りやすいのか知らないって方も多いです。 実はジュースが太る原因は甘いからだけではなく、液体だからなんです。

飲み物は消化の必要がない

飲み物は液体で消化の必要がありません。体内に入ったジュースの糖質はすぐに体に吸収され糖質が血中に一気に入り血糖値を急上昇させます。急に上がって急に下がります。そうするとまた糖分が欲しくなるのでまた飲みます。この繰り返しが起こりやすいのです。

血糖値の急上昇は脂肪が付く

血糖値の急上昇は糖質が欲しくなるだけじゃなく、脂肪も付きやすくなります。糖質が多い飲み物は全てこのようなことが起こります。ダイエットする方にとっては大敵ですよね^^;

ジュースは血糖値を急上昇させて、脂肪が付いたり糖分が欲しくなります。ダイエットするならジュースはやめて他のものにしましょう。

ダイエットする人の飲み物、夏のおすすめ

ジュースはダメと聞いてショックを受ける人もいると思います。そこでダイエットしている人が飲んでもOKな飲み物をご紹介したいと思います。

ダイエット中でなくても水は多めに摂取する方が代謝が上がり、老廃物を出しやすくなります。飲むだけで体温が下がるため体温の維持にエネルギーを使ってくれる効果もあります。

お茶、紅茶、ハーブティー

お茶にはたくさんの良い成分が入っています。カテキン、テアニン、ビタミン、カフェインなどです。水が苦手だという方はお茶類がおすすめです。

ブラックのアイスコーヒー

コーヒーは薬として使われていたことがあるほど体にいい成分が入っています。カフェイン、クロロゲン酸、ビタミンなどです。ブラックはきついという方は少量の牛乳とラカントSやステビアを少しなら入れて大丈夫です。

レモンソーダ

市販のレモンを搾れるようにフルーツカットしグラスに搾り入れます。糖分はラカントSかステビアなどの糖質の少ないものを5~10gほど入れ、炭酸を200cc入れて混ぜます。レモン以外もできますが、あまり甘いものだと糖質が多くなるので注意ですよ!

飲み物はできるだけ糖質を入れずに飲めるものを選びましょう。初めは物足りないですが慣れると気にならなくなりますが、どうしても甘くしたい場合はラカントSやステビアを使用するようにしましょう。


ダイエット時の飲み物、市販のものは避けて

ダイエット中の飲み物はできるだけ市販のものは避けるほうが良いです。水、お茶、ブラックコーヒー( 無糖 ) なら良いですが、できるだけ選ばないようにしてください。

人口甘味料が入っている

市販の飲料には人口甘味料が含まれています。人口甘味料は腸内環境を悪くし便秘などの原因にもなります。ゼロカロリーのものなども人口甘味料が多く含まれているので、あまりおすすめしません。

成分に糖質が記載されていない

商品の裏の成分欄に糖質の分量が書いていない飲み物がたくさんあります。そういうものは成分の人口甘味料から判断するしかありません。

野菜ジュースは糖分いっぱい

健康に良さそうな野菜ジュースにも糖分がたくさん含まれています。成分的には良いものがたくさん入っているかもしれませんが、糖分は多く含まれているので、実はダイエットには向いていません。

市販の飲み物は成分は記載されていますが、それが何かまでは教えてくれません。飲み物はできるだけ自分で作るようにすると経済的にも体にも良いですよ。

まとめ

 
暖かい日や暑い日も増えてきましたが、夏までにしっかり痩せる体つくりをしたい方は、特にジュースの飲みすぎに気を付けて下さい。 出来るだけ糖質や甘味料なども意識しながら、飲み物を変えていくだけでも、体には変化が出てきます^^

スポンサーリンク