寝起きに首が痛い原因は? 病院は何科に行けばいい?

3f309a017086085b6ce8065d97956002_s

寝起きに首が痛くてまわらない...なんて経験、誰でも1度くらいはあるでしょうが、それが頻繁にほぼ毎日続くとなると、何か病気が潜んでいるのではと心配になってきますよね。 寝起きに首が痛くなる主な原因と、病院に行く場合、何科に行けばいいかなどまとめてみました。 参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

寝起きに首が痛い!!

朝起きた時に首から肩にかけてひどい痛み、首がまわらないような状態だと、1日の生活にもかなり支障が出てきてしまいます。 また、この痛みがちょっとした寝ちがえのようなものなら、1・2週間で痛みもなくなり元に戻りますが、毎日のように首が痛くなり、それがずっと続いている場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?  

首が痛い原因は何?

私自身も、数年前に寝起きに首が痛くなる事がよくあって、枕の高さを変えてみたり、マットレスを少し分厚目のものに変えてみるなど工夫してみたのですが、なかなか症状が改善せず、そのうち、左手の付け根あたりがピリピリしびれるような感覚が出るようになったので、これはちょっとやばいかも...と病院へ行った経験があります。 

レントゲン や MRI などを撮って頂いて診察した結果、私の場合は、首の頚椎椎間板ヘルニア で、しかも 首の骨がS字ではなく、まっすぐピーンとなってしまっている状態、ストレートネック だという診断を受けました。  

実際にレントゲン写真を見ながら、先生に説明を受けましたが、首の骨と骨の間のクッションになっている椎間板部分が、少しはみ出して、首を通っている神経に触れてしまっている事から、左手の親指付け根にしびれが出てきていたようです。

他にも原因は考えられる?

私の場合、頚椎椎間板ヘルニアストレートネック が主な要因だという事がわかりましたが、その他にも 枕の高さ や 形状 、また 寝ている間の歯の食いしばり寝相の悪さ 、 骨と骨の間の 椎間板 に傷みが生じて起こる 頚椎椎間板症 、むち打ちなどによる 頚椎ねんざ など、原因と考えられる事は多岐に渡ります。

ただ、自己判断でマッサージに通ったり、枕の高さを変えてみたりしても症状が治まらないばかりか、更に悪化してしまう事もあります。 首の痛みが長く続く場合は、出来るだけ早期に病院で診察してもらうようにしましょう。



首が痛い時 病院は何科に行けばいい?

首の痛みの原因は、先程も説明したように多岐に渡ります。 まずは 総合病院 の 整形外科 で受診しましょう。 首の痛みの原因によっては、脳神経外科 や 外科での手術 などが必要になってくる場合もあります。 いろんな病院を転々とする事になると後々面倒になってくるし、その点、総合病院だと、他の診療科へ移るだけですみます。

まとめ

原因がよく分からないまま悶々としているより、できるだけ早い段階で病院で診てもらう方が、早期治療にも取り掛かることが出来るし、ただの寝ちがえ や ギックリ首 など一時的な痛みであれば、湿布 や 飲み薬 などの対症療法を行っていく事で、時間とともに治癒するので、この痛みもあとしばらく我慢すれば大丈夫...と安心感にも繋がりますよね。 決して、自己判断で解決してしまわないようにして下さいね!