9月に起こる秋バテの症状と原因 解消する方法は!?

hinketsu2

最近話題の 秋バテ をテーマに記事を書こうかな?と思っていたところ、なんともタイムリーに今朝の「 スッキリ!! 」 で、この 秋バテ の事が取り上げられていました。 夏バテはよく聞くけど、秋バテって? どんな症状が出るの?? 原因や解消法は!? 気になる 秋バテ について、まとめてみました。 参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

9月に起こる秋バテの症状は?

昔から夏になると、暑さで疲れが取れなかったりダルかったりする症状が続く事を 夏バテ と言ってきましたが、最近は、秋バテ なんて言葉が登場しているんです。 読んで字のごとく、秋にバテるという事なのですが、秋バテにはどんな症状が現れるかというと...

  • 疲労感
  • 倦怠感
  • 食欲減退
  • 下痢 や 便秘
  • めまい や 立ちくらみ
  • やる気が起きない
  • しっかり眠れない

夏バテとよく似た症状もあるのですが、秋バテ は 夏バテ よりも更に症状が多岐に渡ります。 秋バテ の症状を見てると、今、上の兄ちゃんが全くもって同じ症状を訴えてて...風邪かな? って思ってたんだけど、こりゃ完ぺき 秋バテ ですね(汗)

秋バテの原因って?

ここ数日、すごく涼しくなってきて、夏に比べて格段に過ごしやすいハズなのに、どうして秋バテ の症状が出てしまうのでしょうか?

自律神経の乱れが原因

私達は、普段 交感神経副交感神経 という全く相反する神経でコントロールされています。 起きている時に活発に作用するのが 交感神経 で、寝ている時に活発に作用するのが 副交感神経

9月は台風月とも言われますが、この時期、気圧湿度 が大きく変化する事で、自律神経が乱れ、本来なら寝ている時に作用するハズの 副交感神経 が日中に優位になり、やる気が起きなかったり、眠かったり、疲労感がドッと出てきたりしてしまうんです。 自律神経の乱れによって、うつ症状 が出る方もおられます。

夏の猛暑が原因

秋バテ という言葉が最近になってフィーチャーされ始めたのは、ここ数年続いている厳しい猛暑も原因の1つにあります。 ひと昔前には考えられなかったような暑さが続き、室内ではクーラーでガンガンに冷やされ、1歩外に出ると厳しい暑さにさらされ...私達の体は、自分が想像している以上にストレスを感じている状態。

その疲れを溜め込んだまま、一気に涼しい秋に突入する事で、体がその変化に対応しきれなくなり、一気に 秋バテ の症状が出てしまう事もあります。

秋バテを解消するには?

秋バテ 解消に1番効果的なのが、温活!! 体を冷やさない...体を温めてあげる事が重要です。 今朝のスッキリ!! で取り上げられていた 温活 をまとめておきます。

  • 朝起きたら、コップ1杯の白湯を飲む!! 朝1番に温かい白湯を飲むことで、体の温度を上昇させるために使われるエネルギーが他にまわされ、体全体の血流が良くなる。
  • 家事をしながら爪先立ち!! 洗い物したり洗濯物を干したりしながら爪先立ちする事で、熱を作るための筋肉が鍛えられる。
  • ご飯をよく噛んで食べる!! しっかり咀嚼( そしゃく )する事で、体が温まり熱の発生を高めてくれます。 また、よく噛む事で食べ過ぎも防いでくれます。
  • 筋肉を中心に温める!! 太もも や 腰回り、お腹 や 二の腕 など、筋肉の多いところを中心に温めてあげる事で、血流が良くなり効果的に体を温める事が出来る。

その他にも...

生姜 や ニラ、唐辛子 などのポカポカ食材を積極的に採ったり、ぬるすぎず熱すぎない温度( 約38℃ ) のお風呂にゆっくり浸かって、体を芯から温めてあげる事も効果的です♪ 

まとめ

生活リズム や 食事のバランス を整えて、しっかりと睡眠を取ってあげる事も大切!! 秋バテ の症状を解消しないまま、そのままズルズルと過ごしてしまうと、体調不良を抱えたまま、今度は冬バテに(汗) 冬は秋以上に冷えるので、温活は重要ですよ~!!